自宅を映画館に!テレビ周りの環境づくりに大切な要素 - KURASHI NO KATACHI
Vol.2

COLUMNS

#livingroom#space

Prepare the environment for watching TV

自宅を映画館に!テレビ周りの環境づくりに大切な要素

ネットでの映画配信や動画配信サービスなどにより映画鑑賞がより簡単にできるようになりました。しかし、その上で整えたいのは、テレビ周りの視聴環境づくり。自宅での映画やライブの鑑賞をする上で大切な要素とは。

visual elements

#視覚環境

環境づくりにおいて、まずは視聴環境を整えることが大切です。

適切なテレビのサイズ

部屋の大きさや視聴距離に合わせてテレビのサイズを選択することが重要です。例えば、50インチのテレビの場合、視聴距離は約1.5m〜2.5mがおすすめです。視聴距離が近すぎると、画面が大きく感じ過ぎて疲れやすくなります。

明るさとコントラストの調整

昼間や夜間、部屋の明るさに合わせてテレビの明るさやコントラストを調整することで、画質が向上します。特に暗いシーンではコントラストの調整が重要です。

反射の低減

テレビの画面に反射する光は視認性を低下させます。テレビの位置を変える、反射防止フィルムを使う、窓にカーテンやブラインドを取り付けるなどを行うことで、反射の低減ができます。

テレビの高さと角度

テレビは目線の高さ、または少し下に来る位置が最適です。テレビスタンド WALL Vシリーズなら設置時での高さ調整、WALL A2なら角度調整ブラケットで調整できます。

照明

照明を工夫し間接照明を取り入れることで、映画館のような雰囲気を演出することができます。テレビスタンドならオプションのLED間接照明を設置することで鑑賞のムードを向上させます。

auditory elements

#聴覚環境

音周りの環境を整えることで、その場にいるかのような迫力や音に包み込まれるような臨場感のある音が生まれます。

最適なサウンドシステム

2.1チャンネルのシステムから、より高度な5.1チャンネルや7.1チャンネルのサウンドシステムまで、選択肢は多岐にわたります。部屋の大きさや予算に応じて選べますが、もっと気軽に音質を向上させたいなら、サウンドバーがおすすめ。スペースをあまり取らずに設置でき、映画鑑賞をする上で音に広がりが生まれます。

音響の調整

部屋の形状や素材によっては反響や共鳴が発生しやすくなります。吸音材やディフューザーを利用して、音の反響を調整することが重要です。

ノイズの排除

外部の騒音は窓やドアの遮音対策、内部のノイズは意外と影響を受けるのが家電製品から電磁波。テレビの近くに電子レンジを置かない、配置を変えるだけでも低減させることができます。

部屋の特性や自分の好みに合わせて調整することで、より高品質な鑑賞環境を作りあなたらしい暮らしの環境を整えてみては。

LATEST POSTS